記事の詳細

むくみとは、体内の老廃物(余分な水分)をスムーズに回収できなくなって起こる現象です。回収できなかった老廃物や余分な水分は、皮膚の下に溜まってしまい「むくみ」状態になってしまいます。特にむくみが起きやすい場所として、「顔」や「足」のむくみで悩まされている方が多いです。この「むくみ」は医学的に「浮腫(ふしゅ)」という呼び方をします。

むくみが起きる原因は?体液の仕組みとリンパとの関係

むくみとは「体内の老廃物(余分な水分)をスムーズに回収できなくなって起こる現象」だということを書きましたが、その原因として「リンパ」との関係は切っても切り離せません。

私たちの体には、「リンパ管」という管が全身に張り巡らされています。リンパ管の中を流れているのが「リンパ液」で、腋の下や鎖骨、足の付け根などにはリンパ管を繋ぐ中継点である「リンパ節」があります。これらを総称したものが「リンパ(リンパ系)」と呼ばれ、不要になった老廃物や余分な水分を回収するために欠かせない役割を担っています。

人間の体の約60%~70%は水分(体液)が占めていると言われて、この水分は「血液」「組織間液」「リンパ液」に分類できます。動脈を通っている血液には「血漿(けっしょう)」という成分が含まれていて、血液が運んできた栄養素などを、各組織(肺、腎臓など)に運んでいきます。

この血漿の一部が血管の外に漏れ出したものが「組織間液」です。組織間液は、タンパク質や脂肪、水分などの栄養分が各細胞によって利用され、静脈に再び吸収されます。ここで吸収できなかった組織間液は、リンパ管に入ることになり「リンパ液」へと変わります。

自分でも説明していてちょっと難しいと思うので、簡単にまとめると以下のような感じになります。

  • まず、血液の中にある「血漿(けっしょう)」が、色々な場所に栄養素などを送り届ける。
  • この血漿(けっしょう)が血管から漏れ出して「細胞間液」に変わる。
  • 組織間液に含まれる栄養素は、色々な細胞に利用される。
  • 利用し終わった組織間液は、静脈に再び吸収されるけど、全部を吸収するのは無理。
  • 吸収し切れなかった組織間液は、リンパ管が回収して「リンパ液」に変わる。

ちなみに、組織間液の含まれるタンパク質や脂肪などは「静脈」によって回収できないので「リンパ管」が回収します。静脈はほぼ一定の水分しか排出できないので、余分な水分は「リンパ管」が受け持つことになります。

リンパ液が運ぶ老廃物は「リンパ節」に流れて行き濾過(ろか)されます。さらに細菌やウイルスなどを食い止めてくれます。では、「リンパ液」の流れが悪くなるとどうなってしまうのでしょうか?

リンパ液の流れが悪くなる・滞ってしまうことは、むくみが起こってしまう大きな要因になります。簡単に説明すると以下のような理由です。

  • 運動不足、栄養不足など様々な要因で、リンパ液の流れが悪くなる・滞ってしまう。
  • リンパ液の流れが悪いため、リンパ管が老廃物や余分な水分をスムーズに回収できない。
  • 回収できなかった老廃物や余分な水分は、行き場を失い皮膚の下に溜まってしまう。
  • 結果として、むくみの症状が出てきてしまう。

リンパ液の流れが悪くなると、むくみだけではなく女性にとって美容の大敵である「セルライト」を招いてしまいます。セルライトは一度できてしまうと、運動やダイエットで簡単に取れるようなものではないので要注意です。



関連記事

ページ上部へ戻る