記事の詳細

運動やダイエットをして一時的に体重は落ちたけど、お尻や太ももなど下半身は細くなってくれない!という方が多いと思います。女性は男性よりも下半身に脂肪が付きやすいと言われていて、単純に食事を減らすだけでは脚が細くならないどころか、かえって逆効果になってしまいます。

脚のむくみだけではなく、厄介な「セルライト」ができてしまうと簡単には取ることができず、さらに「むくみ」を悪化させてしまうことになります。では私たちは、下半身太りを防ぐために、いったいどのようなことに気をつければよいのでしょうか?

女性は上半身よりも下半身に脂肪が付きやすい理由

女性は男性に比べると、上半身よりも下半身に脂肪が付きやすいと言われています。脂肪には「内臓脂肪(ないぞうしぼう)」と「皮下脂肪(ひかしぼう)」の2つのタイプがありますが、下半身を太らせる原因となるのは皮下脂肪です。皮下脂肪が下半身に蓄積された体形は、果物の洋ナシに似ていることから「洋ナシ型体形」とも呼ばれています。

女性に皮下脂肪が付きやすい理由としては、遺伝子やホルモンによる影響が大きいです。また子宮を守り、授乳期に備えてエネルギーを蓄えるためにも、女性は皮下脂肪が付きやすくなるとも言われています。

頑張って食事を減らして体重を落としたとしても、下半身ではなく上半身の脂肪から落ちていきます。さらに、体重がリバウンドするときは下半身から脂肪が付いてしまうのです。食事を制限しても下半身はやせませんし、重要な栄養素が不足することで脂肪組織がダメージを受けて「セルライト」が発生しやすくなってしまいます。

脚のできたセルライトを自己チェックする方法

ここでセルライトを自分でチェックする方法を紹介します。セルライトはお尻や太もも、ふくらはぎに発生しやすいので、これらの部分を以下のような感じでチェックしてみてください。

  • 両手で皮膚を強めにつまんでみて、つまんだ左右の皮膚を一ヶ所に寄せる。
  • 両手で皮膚を強めにつかんだ後に、雑巾を絞るようにひねってみる。

上記のどちらかをやってみて、皮膚の表面にミカンの皮のようなデコボコの肉の塊が浮き出ていればセルライトが発生しているということになります。

セルライトができてしまう原因とむくみとの関係

セルライトとは、本来正常であった脂肪細胞が変化して、周りにある老廃物や余分な水分を付着させて肥大化したものです。このセルライトは一度できてしまうと、簡単には取ることができないので非常に厄介です。ではいったいどのようなことが原因でセルライトが発生してしまうのでしょうか?

セルライトが発生してしまうのは、むくみと同じように血液やリンパ液の流れが滞ってしまうことが原因だと考えられています。血液やリンパ液の流れが悪くなると、回収されるべき水分や老廃物をスムーズに回収できなくなり、それらが脂肪細胞に付着していきます。特に慢性的なむくみはセルライトを誘発しやすく、巨大化した塊(セルライト)は血管やリンパ管を圧迫するので、むくみをさらに悪化させてしまいます。

血液やリンパ液の流れを促すには、脚のリンパマッサージなども効果的ですが、それ以前に気をつけなければいけないのが「正しい食事を取る」ことです。水分を引きつけるタンパク質が不足したり、水分代謝に関わる栄養素が不足すると、血液やリンパ液の流れは滞ってしまいます。食事は体を作る基盤なので必要な栄養素が足りていないのであれば、いくら運動やマッサージを頑張ったところで思ったように効果は得られないでしょう。

下半身太りの理由とセルライトとむくみのおさらい

  • 女性は遺伝子やホルモンの関係で、下半身に脂肪が付きやすい。
  • 脂肪は上半身から落ちて、下半身から付いていく。
  • セルライトは、脂肪細胞が変化して老廃物や水分を付着させて肥大化したもの。
  • 血液やリンパ液の流れが滞ることで、むくみやセルライトを誘発してしまう。
  • 食事を制限しても下半身はやせなし、逆に下半身太りを加速させる。
  • むくみやセルライトを防ぐための栄養素を、バランスよく取ることが重要。


関連記事

ページ上部へ戻る