記事の詳細

むくみがなかなか取れなくて困っているという方には「弾性ストッキング」がお勧めです。この弾性ストッキングには、大手ショッピングサイトなどで市販されているもの以外にも、医療用の弾性ストッキングがあります。医療用のものは、リンパ浮腫や静脈瘤などの、むくみ状態がひどい場合の治療に用いられます。

弾性ストッキングの役割は、脚から血液やリンパ液を心臓に送り出すことをサポートすることです。普段は重力の関係もあって足先から心臓までのリンパ液の流れは滞りやすくなるのですが、弾性ストッキングによって外側から圧をかけることにより、血液やリンパ液をスムーズに押し上げてくれます。

むくみの具合によって違う弾性ストッキングの選び方

弾性ストッキングを選ぶときは「どれでもいい」というわけではなくて、むくみの具合によって選ぶストッキングの圧力(mmHg、hPaデニール(糸の太さを表す単位)が変わってきます。デニールは数が大きくなるほど糸が太くて丈夫になり、サポートする力も強力になります。

弾性ストッキングの圧力の目安

弾性ストッキングの圧力の目安(1mmHg=約1.3hPa)
約10mmHg~20mmHg軽いむくみ対策に使用する場合
約20mmHg~30mmHg中度からひどいむくみの場合
約30mmHg~50mmHgリンパ浮腫などに用いられる医療用

弾性ストッキングのデニールの目安

弾性ストッキングの圧力の目安(1mmHg=約1.3hPa)
~70デニール軽い血液循環の促進に適しているタイプ
一般的なストッキングに近いタイプ
70デニール~140デニールむくみの改善に効果的なタイプ
ストッキングとタイツの中間くらい
140デニール~280デニールリンパ浮腫などの治療にも用いられる強圧タイプ
よりタイツに近いタイプ

市販されている人気の弾性ストッキングの紹介

キュットスリム(公式サイト) おすすめ
キュットスリム

個人的に最もお勧めできる弾性ストッキングです。ストッキング以外にもタイツやハイソックスがあり、ファッションに併せて選ぶことができます。特徴としては、全体的に着圧レベルが高いので、しっかりと「むくみ」への効果が期待できます。

私も使用して効果を実感しましたし、他のユーザーさんの評価を見ても高い水準でまとまっています。

レッグドレナージュ(公式サイト) おすすめ
レッグドレナージュ

雑誌でも話題のレッグドレナージュ。口コミでの評価も高く効果も期待できると思いますが、他の着圧ソックスに比べて価格がお高めなのが難点…。他社の製品では効果がなかったという方には試してみる価値がありますよ。

メディキュット公式サイト) 普通
メディキュット

「寝ながら」「おそとで」「おうちで」など用途に合わせたバリエーションが豊富な弾性ストッキングです。CMでもお馴染みの商品で知名度が高いです。

スリムウォーク公式サイト) 普通
スリムウォーク

「おでかけ用」「おやすみ用」など目的に合わせて選べる弾性ストッキングです。選べる圧力値が幅広いのが特徴。メディキュット同様にCMでもお馴染みの商品です。

サンテラボ 弾性ストッキング おすすめ
サンテラボ 弾性ストッキング

280デニールの強圧タイプの弾性ストッキングを取り扱っていて、特に「むくみ」がひどくてどうしようもないという方にお勧めです。また妊婦さんのむくみを解消するために、「マタニティー用」の弾性ストッキングも販売しています。



関連記事

ページ上部へ戻る