記事の詳細

足を細くして美脚を目指すためには、日常生活のちょっとした心がけも大切になります。例えば、時間が空いたときに簡単な運動をしたりストレッチをするなど、日頃から努力をするだけでもリンパ液の流れが良くなり「むくみ」を予防することができます。

簡単にできる運動やストレッチでも、きちんとした過程で行えば下半身やせ(足を細くする)にも効果があるので、ぜひ日常生活に取り入れてみてください。ここからは具体的な運動・ストレッチ方法について紹介していきます。

運動の基本はウォーキングから!血流を促進させる歩き方

普段からよく歩いている人ほど、むくみに悩まされている方は少ないです。ウォーキングは筋肉ポンプ作用(血液を心臓に送り出す働き)が得られるで、リンパ液の流れを良くするのに効果的です。歩き方にもコツがあるのですが、歩くときの注意点に関しては女性の足はむくみやすい!適度な運動が必要な理由の記事内で紹介しています。

リズムよく早歩きすることが、最も簡単で効果的なウォーキング方法です。通学や通勤のときには車や自転車をできるだけ控えるようにして、電車でもひとつ前の駅で降りるなど歩くことを習慣として取り入れることをお勧めします。

スッキリと目覚めることができて、足やせにも効果的なブルブル体操

朝なかなか起きられない!という方にお勧めなのが、手足をブルブルさせる体操です。この体操を毎日続けていけば、目覚めの習慣になりスッキリと起きられるようになります。この体操はリンパ液の流れを促進するので、むくみ予防にも効果的です。

    起きたら布団の上に仰向けの状態で、両手と両足を天井に向かって垂直に上げます。そして上げた両手・両足をブルブルと震わせることを15秒~30秒ほど続けます。これだけでOKです。

デスクワークなど座りっぱなしの仕事中にもできる簡単足先運動

仕事の都合で長時間座りっぱなしという方は、仕事中でもなるべく脚の筋肉を動かすように心がけてください。足を細くして美脚を手に入れるためには、こういった細かな努力も大切になります。

    椅子に座った状態で床と平行になるように片足を上げます。そのまま上げたほうの足首や足指を曲げたり伸ばしたりすることで、血流がよくなり足のだるさがだいぶ解消されます。この足先運動は、左右両足ともに行ってください。

職場上、足を平行に上げるのが困難な場合は、足を床に投げ出して足指を曲げ伸ばしするだけでも効果があります。手で足のつま先をつかんで足首をまわしたり、くるぶしを簡単にマッサージするのもリンパ液の流れを促すのに効果的です。

これらの足先運動はデスクワークなどの仕事中だけではなく、家でテレビを見ながらでも簡単にできますので是非実践してみてください。

壁を利用した太もものストレッチ方法

    部屋の壁などに片方の手をつけてバランスを取り、もう片方の手で反対側の足先をつかみます。足先をつかむときは前からではなくて背中側からつかみます。

    そして、ゆっくりと息を吐きながら、お尻に向かって足先を引き上げていきます。その状態をしばらくキープしたら、ゆっくりと息を吸いながら足を元に戻していきます。

このストレッチでは、太ももの前面にある筋肉がほぐれ、脚をリラックスさせることができます。むくみの予防にも繋がって、太ももを細くするのにも効果的です。

X脚体質を改善するためのストレッチ方法

    うつ伏せになって、両肘を立てて上半身を起こします。右足が上になるように脚をクロスさせてお尻を引き締めます。これを10秒間行った後、脚を揃えて上半身もうつ伏せになって10秒間リラックスします。

    次は左足が上になるように脚をクロスさせ、同じ作業を繰り返します。ここまでを1セットとし、計5セット行ってみてください。

X脚のようにゆがんだ脚はむくみやすく太りやすい傾向があるので、X脚気味の方はぜひこのストレッチを日常生活に取り入れてみてください。

簡単にできる運動・ストレッチ方法のまとめ

足を細くするための運動・ストレッチ方法は、ネットや書籍などでも数多く紹介されていますが、中でも簡単にできる方法を紹介しました。ちょっとした努力を続けるだけでも血流がよくなって「むくみ」を予防することができます。まずは、自分にできそうなことから始めてみてください。これらの運動が日常の習慣になれば、自然と足は美脚に向かって進んでいくと思います。



関連記事

ページ上部へ戻る